個人情報保護について

阪急観光バスが実施している個人情報保護についてご紹介しています。

01. 法令等の遵守
個人情報を取り扱う上で関係する法令、政令及びガイドライン等を遵守します。
02. 社内体制
個人情報保護活動を推進する部署を設置し、管理者を置き、社内の個人情報管理体制を整備しています。
03. 個人情報の利用
個人情報の利用にあたっては、利用目的を明確にするとともに、その利用目的の達成に必要な範囲内で取り扱います。
04. 個人情報の取得
個人情報は、適法かつ適正な方法で取得します。
05. 正確性の確保
個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう、適切な措置を講じます。
06. 安全性の確保
個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等を防止するよう、安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
07. 委託先の監督
個人情報の取り扱いを委託するにあたっては、委託先での個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。
08. 個人情報の開示・訂正等
個人情報の照会や修正等については、その個人情報に関し定められた手続きに従い、適切に対応します。
09. 継続的な改善
個人情報が適切に保護されるよう、定期的な監査を実施し、社内規程や社内体制等を継続的に見直し、改善します。
【個人情報の共同利用について】
高速バス予約における個人情報の共同利用について
 
円滑な高速バスの運行を実現するため、共同運行事業者および株式会社工房(高速バス予約システム運営会社)と共同利用することがあります。
 
(1)共同利用する個人情報の項目
    
・氏名、電話番号(予約番号)、性別
 
(2)共同利用の範囲(事業者)
  
・高速バス共同運行会社
 
※個別の対象会社は変動します。対象会社の会社名はコチラでご確認ください。
 
(3) ご予約に関する情報は以下で管理されています。
   
・株式会社工房(発車オーライネット)
 
個人情報の第三者提供について
 
当社は、以下のいずれかに該当する場合を除きお預かりした個人情報を第三者に提供いたしません。
 
・ お客様から事前にご同意をいただいた場合
 
・ 利用目的の達成に必要な範囲内において外部委託した場合
 
・法令に基づき提供を求められた場合
 
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難である場合
 
・公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難である場合
 
・国または地方公共団体などが法令の定める事務を実施するうえで、協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
 
・上記の共同利用者の範囲に掲げる者に対して提供する場合
     

PAGE TOP