ガイドのおすすめスポット

2010年2月17日掲載

京都コース

ガイド:保木 知世

寒い日が続いておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか。年が明け、早いもので2月を迎えました。今回紹介させて頂く場所は私が大好きな場所、現在放映されている「龍馬伝」、そして「古都京都の文化財」世界遺産登録15周年を迎え賑わいをみせている京都は左京区にあります岩倉実相院です。


岩倉実相院
p2_9[1].jpgp2_10[1].jpgもとは天台宗寺門派の寺院で、天皇家・足利家ゆかりのお寺です。こちらを有名にしたのはやはり「床紅葉」です。美しく磨きあげられた黒光りする床に庭の紅葉が映り込むというものですが、何ともいえない美しさで訪れた人を魅了します。

新緑の頃は「床みどり」と紅葉とは又違った美しさがあります。一番美しく見られる時間は正午頃だそうです。ちなみに「床紅葉」の名付け親は観光タクシーの運転手さんだとか・・以前、テレビで放映された事で三脚を使って撮影する方が増え床が痛んでしまったという事で「床紅葉」は撮影が禁止になっておりますのでご注意下さい。

実相院には2つのお庭がありますが、1つは池泉回遊式庭園で裏山の景色と溶け込んだ見事な庭で、新緑の楓が美しい事でも知られます。もう1つは枯山水の雄大な石庭で、紅葉・桜の頃は、より一層美しさを増します。また実相院では、狩野派が描いた数々の襖絵を鑑賞する事も出来ます。

image2[1].jpg只今の季節ですと最初に紹介しました床紅葉、床みどりはお楽しみ頂く事が出来ませんが、"京の冬の旅・特別拝観"が行われています。幕末や世界遺産のテーマのもと、普段は見学出来ない文化財の公開がなされています。実相院でも障壁画に彩られた「上段の間」と厳かな書院、更に「特別展・龍馬の時代」では実相院日記などの展示も。寒さに負けない盛り上がりを見せる京都の旅はいかがでしょうか。

p2_3[1].jpg p2_13[1].jpg


PAGE TOP