ガイドのおすすめスポット

2016年7月21日掲載

白浜コース

ガイド:井阪典子

平安の昔からの"リゾート地"らしく現実から一時離れさせてくれる南紀白浜、白浜温泉を紹介いたします。
この白浜温泉は"牟婁ノ湯","武漏ノ湯"として『万葉集』にも詠まれ、『日本書紀』にも登場します。
天皇陛下をはじめ皇族の方々が紀州行幸の折に入湯したと伝えられ愛媛の道後、兵庫の有馬とともに日本三大古泉として記録に残っています。
湯量は豊富で泉質はどれも無色透明のアルカリ泉、温度は40~85度、胃腸病、神経痛、リウマチに効果があるといわれています。
その中でも四季温暖の地を生かし太平洋を一望できる「浜千鳥の湯 海舟」を紹介したいと思います。

浜千鳥の湯 海舟(写真提供・浜千鳥の湯 海舟)

浜屋離れは海舟の中でも最も海に近くそれぞれに玄関があってまるで別荘のような雰囲気です。海風に当たりながらかけ流しの露天風呂に浸る贅沢な気分を味わえます。
浜屋離れ平屋はいろんなタイプの部屋をえらぶことが出来てゆったりとした時間を贅沢に楽しめます。
館内では「湯あみ着」を着用します。部屋では浴衣も選べます。
大湯屋海つばきは檜づくりの内風呂です。眺望も素晴らしく身も心もリラックスできます。
食事は2部制になっています。熊野和牛会席「海ほたる」紀州舟盛会席の「潮さい」2つの食事処から選べます。
冬は幻の魚といわれるクエやエビ、ハモ、本マグロといった新鮮な素材を生かしてのおもてなしです。皆様も都会の喧騒を忘れ温泉に浸かりながらリフレッシュされてはいかがでしょうか?


PAGE TOP