ガイドのおすすめスポット

2016年11月 9日掲載

京都コース

ガイド:菊池 佐智代

すっかり秋の季節に入りました!

京都の紅葉の観光地は数多くありますが、今回は京都の街を一望しながら紅葉も楽しめる

「将軍塚青龍殿」をご紹介します。

(写真提供:将軍塚青龍殿)


場所は東山ドライブウェイの頂上で、"清水の舞台"で有名な清水寺よりさらに山の上、

青蓮院門跡の飛地境内にあります。

そこに建つ青龍殿の建物は以前、北野天満宮の前にあった平安道場、大正時代に建

造された武道場でしたが解体が決定していました。

しかしなんとか残したい思いから、移築し2014年10月落慶されたものです。

奥殿に国宝「不動明王二童子像」が収められ、手前に修復された青不動の複製画が飾

られています。

(写真提供:将軍塚青龍殿)


その後は青龍殿の横をぬけて行くと・・・びっくり!、清水寺の舞台の4.6倍の広大な舞台が広がり、

京都の街が目に飛び込んできます。

右に比叡山、目の前には京都御所など180°のパノラマで京都盆地を一望です!!

本当に綺麗な景色で、時間を忘れてしまいそうなくらいです。

将軍塚展望台からの夜景

(写真提供:将軍塚青龍殿)


舞台から順路にそって歩くと"将軍塚"がでてきます。

桓武天皇が平安遷都の際、平和な都を作るとの願いを込めて、将軍の像を作り、その像をこの地に埋め、塚を作ったものです。

国家の大事があると鳴動すると言い伝えがあります。

(写真提供:将軍塚青龍殿)

PAGE TOP